無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,089
2021/06/06

第20話

どうして pt4
🐻side



ジミナの涙を流す姿が脳内に何度も巡って
息がしずらい。


俺が泣かせたのに。


ジミナと別れた後「やっぱりジミナを手放すのは嫌だ」と思ったが、部屋の外にもうジミナの姿はなかった。


別れたくなんかなかった。



一生愛してくつもりだった。



俺の親は同性愛に反対な人だった。


それでも親を押し切ってジミナと付き合った。


でも、毎日のように言われる「別れなきゃ絶縁」の言葉に
俺のメンタルも崩れて行った。


人は手放してから存在の大きさを知る。


今ジミナは多分グクと付き合ってる。


嫌だ。


俺のジミナなのに。


自己中なことくらい分かってる。


それでも……


〜〜〜


そんなある日ジミナがダンスの練習中に熱中症で倒れた。


医務室のベッドにジミナを寝転がらせてメンバー6人で看病をした。
ジョングク
ジョングク
大分熱も下がってきましたね
俺冷たいもの買ってきます
グクが医務室から出ていった。


その後、俺以外のメンバーも用事などで医務室を出ていった。




今医務室はジミナと俺だけ。




自然と俺達の唇は合わさっていた。




柔らかい。




グクはもうこの感触を知ってるのかな。




「嫌だ」と強く思う度に俺はジミナを強く抱き締めていた。