無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,069
2021/04/22

第12話

会いたい pt2
🐰side


伸ばした手が空までの遠さを物語っていて自然と涙は溢れていた。


太陽だけが虚しく輝いている。


あと何度会いたいと言えば


ジミニヒョンに会えるのだろうか


いつもの様に笑いあえるのだろうか


いつもの様に手を繋げるのだろうか


いつもの様に涙を拭ってくれるのだろうか


今更何を思っても遅いことくらい知ってる。


それでも…もう一度でいいからあなたの体温を感じたい。


今armyも悲しみに包まれてる。


それでも学校へ向かう、仕事へ向かう。


俺にもBTSとしてできる仕事がある。


「それでもBTSは7人です」と


「辛いけど頑張ります」と


「ジミニヒョンはみんなの中で生きています」と


いっぱいいっぱいarmyに言えることはあるのに。


ジミニヒョンはメンバーである前にヒョンで、ヒョンである前に俺の恋人だった。


そんな俺にarmyのことも、メンバーのことも気遣うことは出来なかった。