無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,422
2021/04/09

第9話

運命の人 pt4
🐰side



ダメだ。


本当に自分が嫌になる。


スタッフの香水が君と同じだっただけで耐えられなくなるなんて…


でも今日の仕事は残ってる。


絶対にもう仕事に私情は持ち込まない。


もうヒョン達に迷惑はかけたくない。


涙を必死に堪えて雑誌の撮影は上手く行った。


いい笑顔だねと監督にも褒められた。


でも堪えたせいで撮影後は誰もいないイントインスペースに座り込んだ。


また過呼吸になりだしてきた。
ジミン
ジミン
グク
ジョングク
ジョングク
……ジミニヒョン
目に浮かんでいた涙を必死に拭った。


でもバレてないはずなかった。
ジミン
ジミン
振られたの…?
ジョングク
ジョングク
え?
ジミン
ジミン
グクは分かりやすいから…前、夜中に宿舎にこっそり遊びに来た“男”だよね?
ジョングク
ジョングク
・・・
ジミン
ジミン
ねぇグク?俺の前でくらい無理しないで欲しい…今日の撮影の時も顔酷かったし…
ジミニヒョンの手が俺の頭を撫でる。


昨日夢に見た手に似てる。


夢に見た君の手に。


自然と涙は溢れていた。
ジョングク
ジョングク
…っ……ジミニヒョン……俺…大好きだったんです……っ…こんなに人を愛せるんだって…思えるくらい……でも…
……愛なんてなかったって…俺…おれ……っ
いつもそばにいてくれたジミニヒョンだからこそ
本音を喋ることが出来た。


ずっと逃げてたんだ。


ジニヒョンやユンギヒョンやホソクヒョンやラプモンヒョンやヴィヒョンも大好きだけど、
言った後にどう思われるんだろうって。


男と?って


恋愛ごときで?って


思うような人達じゃないのに。


でもジミニヒョンは絶対に離れたりしない。


ジミニヒョンだからこそ本音で話したいと思った。


ジミニヒョンが優しく抱きしめてくれた。
ジミン
ジミン
忘れられるまで2人の画像消さなくても大丈夫なんだよ
自分がもう大丈夫だって思える時まで
無理して忘れなくていい。いつか忘れさせてくれるくらい
いい人がグクには見つかるから
ジョングク
ジョングク
……っ…俺……忘れられますか?
…彼より愛せる人を見つけられますか?
ジミン
ジミン
うん…きっと大丈夫だよ
グクはいつかBIGな男になるんだろ?
ジミニヒョンが優しく涙を拭ってくれる。
ジミン
ジミン
お前の周りにはメンバーがいる。
辛い時はいつでも相談して…泣きたい時は泣けばいい
僕はいつだってグクのそばに居るよ
ジミニヒョンに抱きしめられながら彼との出会いをゆっくり思い出した。



初めて出会った時思ったのは手小さいなって


身長は同じくらいなのに暖かくて小さくて…


喋ってる時も優しくて、友達になった後
いつも俺のことを考えてくれて


「辛い」と言った時は頭を撫でてくれて





“あぁ、ジミニヒョンみたい”だって思って