無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

ひかりの才能
ゆめの
ゆめの
ひかり〜はやく〜
ひかり
ひかり
まって〜!
ゆい
ゆい
ねぇ、あなたバンドやるんでしょ?
ひかり
ひかり
ひかり
ひかり
あなたはだれ?
ゆい
ゆい
私はゆい。
ひかり、あなたは才能がみえるわ
ひかり
ひかり
才能?なんのこと?
ゆい
ゆい
まぁいいわ、
今後が楽しみね
ひかり
ひかり
?なんなんだろう?
ゆいちゃん、私に何か言おうとしてた?

_帰り道_
ゆめの
ゆめの
さっき、誰と話してたの?
ひかり
ひかり
え?
ゆいちゃんってこ!
さくら
さくら
ゆい…ゆい


あ!!
飛翼
飛翼
なになになに!?
さくら
さくら
ゆいは、私の小学校の頃の友達なの
ひかり
ひかり
え!
さくら
さくら
ゆいは、才能がありそうな子を探してたの
ひかり
ひかり
才能…
さくら
さくら
ゆいは違う人とバンドを組んで
完璧を目指しているの。
けれど、入った子はいるけど、厳しすぎて
みんな、やめたの。
才能がある子じゃないとバンドを組みたくなくて、才能がある子を探してたの。
ひかり
ひかり
私、ゆいちゃんに誘われたの
さくら
さくら
そうなの?
ひかり
ひかり
うん、でも私、バンド入っちゃったから。
だから、このバンドに入ってほしいの!
ゆめの
ゆめの
私も言おうとしてた
飛翼
飛翼
同じく
さくら
さくら
そうね、この5人でできそうだね
ひかり
ひかり
よし、がんばるぞ!!