無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

汐恩くんの部屋は…
木全翔也
木全翔也
じゃあ、汐恩呼びいこ!
私
うん!^^*
木全翔也
木全翔也
汐恩~?
はいるよー
私
お邪魔しまーす




え???…笑笑




何この部屋





真っ暗の中に 布団だけって笑笑
木全翔也
木全翔也
わぁ~
いつ見てもなんもないなー
この部屋
私
いつもこんなんなんですか?
木全翔也
木全翔也
うん笑
鶴房汐恩
鶴房汐恩
ちがうわ!
荷物届かないだけだし
木全翔也
木全翔也
とか言いながら
もう、2ヶ月くらい経つよ?
鶴房汐恩
鶴房汐恩
んまぁ、それはね?




仲良いな~
木全翔也
木全翔也
あ、そうだ
汐恩 これから予定ない?
鶴房汐恩
鶴房汐恩
ないよ
木全翔也
木全翔也
ド〇キいこ
あなたの必要なもの買いに行くから
鶴房汐恩
鶴房汐恩
おっけ
私
ありがとうございます!
鶴房汐恩
鶴房汐恩
あ、そうだ
タメ語でいいよ



俺のが年上だと思うし
木全翔也
木全翔也
じゃあ、汐恩は
俺より8ヶ月くらい年下だから
敬語ね笑笑
鶴房汐恩
鶴房汐恩
なんでやねん笑




楽しすぎる笑

幸せだ