無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

まさかの




木全side_

こっちが嬉しいんだけど

やばい、あなたの事が好きだわ
俺…








コンコンコン
私
しょーやくん、
入ってもいい?
しょーやside_

来た!やべぇ、


髪とかなんもセットしてないよ
木全翔也
木全翔也
いいよ!!
私
失礼しま~すぅ
私





うわぁ~✨

めちゃくちゃ綺麗!!
木全翔也
木全翔也
そ、そう?
私
今日ほんとにここで寝て大丈夫?
木全翔也
木全翔也
うん!大歓迎よ~
私
私、どこで寝れば、、
木全翔也
木全翔也
え、どうする?
木全翔也
木全翔也


俺の部屋ソファーないし
布団ないから

俺のベッドしかないけど
木全翔也
木全翔也
だ、だ、大丈夫??!
私
あ!あ!う、ん!

大丈夫、だよ!
木全翔也
木全翔也
ごめんね
ほんと笑
私
あ、あとさ、

私、抱き枕ないと寝れない派の人間なの、

だから、ね?
私
そのー、もしかしたら

寝てる時無意識に抱きついてるかもしれない

ほんっとにごめん!そうなっちゃったら
木全翔也
木全翔也
大丈夫!気にしないで!



しょーやside_

全然大丈夫じゃない、、、

俺が寝れなくなる/////