無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第104話

104
私
あ、
グク
グク
で、どうしたの
あなたが、泣いちゃったら俺が一番悲しむよ
私
う、うん
グク
グク
それで、どうしたの?
私
今日ね、Weverse にジミンオッパの写真を乗っけたの。
そしたら、そしたら、なに私のジミンを日本人がとってるのって言われて。
やっぱ、私ってBTSに必要なかったのかな。
だって、だってやっとBTSが世界に伝わってなんでこんな私がBTSに入れたのか本当に不思議で
なんでわたしなんk
グク
グク
あなたどうしたの
あなたがいないと、BTSじゃなかったんだよ
今までDynamiteができるまでBTSじゃなかったんだよ
あなたがきて、ようやくBTSだったんだよ。
自分を責めすぎないで あなたを守りたくて彼氏になったんだから
私
うん///
ありがとね、グクのおかげで元気になれた。
じゃあ、今日はおやすみ、サランへ
グク
グク
あなた
私
なに?
グク
グク
一緒に寝よ
私
いいよ///
ギュッ
グク
グク
おやすみ
私
おやすみ///
スースー
グク
グク
もう寝たんだな、かわいいかよ
チュッ
グク
グク
おやすみ
グクは、あなたの唇を初めて奪った。