無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
長尾謙杜
長尾謙杜
な、な、なんで、あなたが
道枝駿佑
道枝駿佑
どうしたの、長尾?
長尾謙杜
長尾謙杜
な、なんでもない
道枝駿佑
道枝駿佑
そ、そうか
長尾謙杜
長尾謙杜
あなた、なんで
なにわ男子マネージャー
なにわ男子マネージャー
長尾、長尾
長尾謙杜
長尾謙杜
は、はい
なにわ男子マネージャー
なにわ男子マネージャー
大丈夫か
長尾謙杜
長尾謙杜
だ、大丈夫なわけないでしょ
す、すいません。頭冷やしてきます。
藤原丈一郎
藤原丈一郎
長尾が言ってた何だっけ、、
V VLIVE?見てみよ
大橋和也
大橋和也
うん。
携帯
jin
jin
あなたちゃんは、実力があって今ここにいます。
なので、たたかないでください。
私
これからも、BTSの応援よろしくお願いします。
BTS
BTS
アニョーン
高橋恭平
高橋恭平
な、なんで
BTSさんのほうにあなたが
長尾謙杜
長尾謙杜
すいません、戻りました。
あ、あのまさかVLIVE見てないですよね
大橋和也
大橋和也
・・・
藤原丈一郎
藤原丈一郎
・・・
高橋恭平
高橋恭平
・・・
道枝駿佑
道枝駿佑
・・・
長尾謙杜
長尾謙杜
な、なんで見たの
西畑大吾
西畑大吾
・・・
大西流星
大西流星
・・・
長尾謙杜
長尾謙杜
なんで、あなたの信用も何もしなかったんですか。
もう、僕なにわ男子がもうすぐデビューすると思ったのに、
僕このままデビューするのであれば、まだ、やめたほうがましです。
今日は、帰らせてもらいます。お疲れ様でした。