無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

118
J-HOPE
J-HOPE
がんばってね
私
オッパたちー
BTS
BTS
なに?
私
あなた作詞してみたい!
jin
jin
おー、やりたいのならば思いっきり書け!!!
SUGA
SUGA
いいんじゃない、困ったら頼れよ
私
うん!
私
うん!
私が、作詞をするのはメンバーのことを思って書こうと思うんだ。
私、いっつもオッパのことずっと頼っちゃって本当に申し訳ないと思う。
だから、日ごろの感謝を込めて
1か月後
私
出来たーーー
私は、毎晩考えてようやく完成した。
ユンギオッパが、週1程度に来てくれたんだけど
やっぱり、みんなと同時に見てもらいたかったらずっと断った。
自分でも、作詞している間涙が出ちゃった。
そんな曲を、みんなに見せてあげるよ
















나는 왜 여기에있는 거지
_私は、何でここにいるんだろ。。。_



버려진 고양이처럼 갑자기두고 갔다
_捨てられた猫のように突然置いて行かれた_



어두운 밤에 하나의 별이 떠있는
_暗い夜に1つの星が浮かんでた_



이 별을 기적의 별이라고 불러도 좋을 것이다
_この星を奇跡の星と呼んでもいいだろう_


サビ

오빠 1 명하지 말아요
_オッパ、1人にしないでよ_



오빠 의지해도 되나요
_オッパ、頼っていいの_



그때의 밤하늘이 머리 지나간다
_あの時の夜空が頭をよぎる_



하지만 그때의 말을 떠 올린거야
でも、あの時の言葉を思い出したんだ





희망의 별
Star of hope