無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#次の日
BTS side
グク
グク
俺は、あなたちゃんをメンバーにしてもいいと思う。
ダンスもうまいし、小さい声で歌を歌っててその声が
本当にきれいだった。女の子だしその分アンチがものすごく
多いかもしれない、だけど僕はあなたちゃんを支えていきたい。
J-HOPE
J-HOPE
俺も、賛成
V
V
俺も
jin
jin
俺も
jimin
jimin
俺も
RM
RM
俺も
SUGA
SUGA
俺も、賛成だけど昨日あなたちゃんが言ってなかったことを
聞いてから賛成にしたい。
jin
jin
たしかに、
私
アニョハセヨ
BTS
BTS
アニョハセヨ
グク
グク
昨日に比べてましになった?
私
はい、
SUGA
SUGA
できたらさ、話してくれない?
私
あ、は、はい
私は、もともとジャニーズにいたこと
メンバーにいじめられていたこと。
すべてを話した。
私
なんか、ライバル感とかあるかもしれないけど、
私は、k-popを学びに来ました。
もちろん、私はつらかっただから私は、あの6人を見返す。
そして、BTSのみなさんと一緒に活動していきたいです。
お願いします。
グク
グク
そうなんだね、でも俺もあなたちゃんと一緒に活動したい。
SUGA
SUGA
俺も、今までどれだけつらかったかわかった。
はなしてくれてありがと。
RM
RM
一緒に活動していこ。
私
はい、お願いします!