無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第132話

132
書きたいことがあるので結構飛ばします。
army
army
キャーーー
私
ありがとね、静かに
グク
グク
ありがとね
アウトレット
グク
グク
あなたどれほしい?
私
うーん、このアクセサリーかわいい
グク
グク
確かに!俺も買お!
1時間後
マネさん
マネさん
おい、今日何円使ったんだ?
グク
グク
何円だ?
私
500万ドルぐらい?
グク
グク
そうだね、
マネさん
マネさん
使いすぎ、、、
グク
グク
でも、指輪とかペアで買ったらそのぐらいになるよ
私
そうだね、ありがとグク
グク
グク
いいえ、こちらこそありがと
マネさん
マネさん
はい、じゃあホテルに帰るぞ
私
あーい
2日目ディズニー





三日目 あなたの家




四日目、五日目、六日目は町をぶらぶらしてましたね。。。




ところで、三日目にあなたの家に行ってきた2人は
お母さんも、お父さんもとても喜んでいました!!
とてもよかったです。。



次は、コンサートですね!


アニョーン