前の話
一覧へ
次の話

第5話

forth story
142
2019/03/03 08:45






プルルルルルル プルルルルルル プルルルルルル
志麻
ん…
電話の音で目覚めると、そこはソファの上だった
どうやら散々泣いた後そのまま寝てしまったようだ
志麻
服もそのままやし…はぁ…
誰やろ
泣きすぎて腫れた目をこすりながらスマホの画面を見るとそこには
{センラ}
の3文字
志麻
もしもしセンラ…
センラ
あ、やっと出たわまーしぃ
何回も電話したんやけど全然出ぇへんしなんかあったん?
志麻
ごめん寝てたわ
センラ
…まーしぃ、寝てただけやないよな
なんか他にもあるやろ?
話してみ
志麻
さすがセンラやな…
今日家来てもらってもええ?
センラ
やっぱりなんかあったんやね、
すぐに行くから待っとって
志麻
あんがと
昨日はあんなに泣いていたのに、今はなぜか冷静さを取り戻している
まだ気持ちはどん底のようで、でも感情は安定している変な感じだ
志麻
はぁ…なんなんやろなぁ
しばらくしてセンラから
{もうすぐ着きます}
とメールが届き、お茶の準備をした






ピンポーン
志麻
センラかな、
志麻
センラー?
鍵開いとるから入ってきてええよー
ガチャ
センラ
(志麻くん思っとったより元気そうやな)
おじゃまします
志麻
来てくれてありがとうな
センラ
丁度予定空いてたし全然ええよ
で、話あるんよね
志麻
うん…




_______________________
作者
久しぶりの投稿ですね
見るだけにしよー
と思ってマイページ見たら閲覧数すごい増えててやる気が出ました
作者
ここで設定の補足をしておきます
・浦島坂田船がこれから出てきます
・浦島坂田船は活動をしておらず中学からの親友

です!
作者
じゃあね👋

プリ小説オーディオドラマ