第4話

third story
157
2019/02/17 22:20
志麻くんを見送ってからピクリとも動いていない。
ただ、目の前に起きた出来事を
必死に飲み込もうとしている。
奈緒
(志麻くんにはいつも通りを装ってみたけど、そんなことあるわけないじゃん。)
奈緒
(私ががんだなんてそんなこと.....)
奈緒
(だってこれからこの子と幸せな生活をする筈だったんだよ?)
奈緒
(それがなんで......)
奈緒
なんで?....うっ....ねぇ....









暗くなっていく病室で静かに泣いた。













夕暮れ特有の哀しいひかりは
奈緒のこころを映しているようだった。
_______________________
作者
3話どうでしたか?
今回は短かったですね
作者
次は登場人物が増えると思うので待っててください!
作者
じゃあね~(^-^)/

プリ小説オーディオドラマ