無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
浅井 優
浅井 優
なぁ、これなに?
日向目線
結城日向
結城日向
触んな、カス
あの人の写真…あんなとこにあったんだ…
浅井 優
浅井 優
ごめん、そんな怒らんでも良くない?
結城日向
結城日向
あぁ、そうだな。
結城日向
結城日向
お前にはわからないだろうな
お前は何も知らないしわからねぇだろ、
 
だから絡むなって言ってんのに
うざい…こいつといると思い出す


あの人との事とか…学校の事とか


離れたいのにかまってきて…
浅井 優
浅井 優
日向…?どしたんだ?
結城日向
結城日向
帰れ…早く帰れ
浅井 優
浅井 優
わかったわかった、落ち着け?
結城日向
結城日向
うるせぇ…二度と関わんな!!
カッとなって声を荒げる
浅井 優
浅井 優
じゃあな、
結城日向
結城日向
もう来るな
申し訳なさそうな顔して浅井が帰ってく

なんで話せないんだろう


いつもいつも…あの時も
結城日向
結城日向
最っ低だ。
玄関先に座り込み浅井が出てったドアを眺める


やっぱ俺はクズだな…


友達作らねぇのなんて単純だよ…w

怖いんだ…また失うのが…
結城日向
結城日向
ッ……死んじゃえ…






───────────────────────

6月16日

浅井が家に来た
あいつといると色々思い出してムカついてくる

どうして俺なんかに構うんだろう

とっとといなくなっちまえばいいのにな

───────────────────────