無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
優目線
結城日向
結城日向
そっか
なんでそんなこと聞くんだろう



なんでそんなに寂しそう顔を?




こいつがたまにする顔。

苦しさそうで、何かを躊躇ためらってる顔。



理解できない、理解したい


わかるまで調べたい




聞きたい






日向…なんでお前は
結城日向
結城日向
〜〜〜〜





なんでお前はそんな顔をするんだ?




結城日向
結城日向
浅井…?
浅井 優
浅井 優
はっえ、あ?ん?
しまった、聞いてなかった
結城日向
結城日向
だから、どっか一緒にいかねぇかって
ゔ…はぁはぁ
浅井 優
浅井 優
え、い、いいよ
うまく息が



ずっとあいつの事見てたのに


知らない事がある、

理解できないことがあるだけで気が狂いそう







『どうしてわかってくれないの?』







あぁ…だめだ…今は、離れないと


結城日向
結城日向
どこか行きたいとこある?




返事をするのが精一杯





頭の中ぐちゃぐちゃで何もわかんない





浅井 優
浅井 優
ひ、日向が行きたいとこ…行こ…、
はぁはぁ…



気づかれて…ない?


椅子に座ってるのに床がわからない


クラクラする…

意識が遠のいてく




ガタンッ
結城日向
結城日向
は……?〜〜〜?
浅井 優
浅井 優
はぁ…はぁ…
結城日向
結城日向
〜〜!〜〜…!!
声が聞こえる


懐かしい声




俺の名前を呼んでる





誰…?