第9話

あ ほ く さ
396
2023/02/10 11:44
トランクスside

あなたさんは「そうだな…どこから話そうかな…。」と随分悩んでいるようだった。しかし、大きく頷いたあなたさんは全てを話すと言ってここまでの顛末を話し始めた。



まず分かったのは、あなたさんがもう我慢出来ないくらいブラックとザマスに腹を立てていたこと。相当に追い詰められていたんだろう。これも俺の力不足だと申し訳なくなる。



そして1人誰にも言わずにシェルターを飛び出したあなたさんは気まぐれに廃ビルの中に入り、そこを怒りのままに荒らしながら屋上まで上がり、転がっていたゴミ箱を思いっきり蹴り飛ばしたと言うのだ。
あなた
そんでね?まあ…は、ハハハ…。
ベジータ
なんだ、蹴り飛ばしてどうしたと言うんだ
あなた
いや、まあ〜…えっとですね()
なかなか言い出しづらいようだった。一体どんな目に遭ったと言うんだ…!?あのあなたさんがここまで話すのを渋るとは…相当な何かがあったに違いない…!!



やけに辛そうな顔をして俺の方を見たあなたさんを安心させるべく、俺は微笑んで頷いた。しかしあなたさんの表情は余計に苦しそうになるばかり。ど、どうすれば…()



あなたさんは「信じられないかもしれないけどさ…。」と小声で始めた。
あなた
そのゴミ箱さ…ブラックに当たっちゃったんだよ…。
………え???



思わず聞き返したが、あなたさんは「マジ」と言って頷くしかしない。想像の遥か上を行っていたので純粋に言葉を失った。開いた口が塞がらないとはこのことか。



父さんも悟空さんも全く理解できていないような顔でフリーズしているし、もう滅茶苦茶だ。しかし、あなたさんの表情を見るに事実と思うしかないようだ。
あなた
もうブラックめっちゃ怒っててさ!そこから俺とブラックの逃走中が始まって…。
そう語り出したあなたさんによれば、なんとか廃ビルからは脱出したもののすぐにブラックに追いつかれたため、路地を利用しながら逃げ惑った挙句、ブラックを撹乱するためにホースの水をぶっ放して逃げて来たのだという。
あなた
あの時のブラック凄かったな…「ペブッ!」とか言っててさwww流石の俺もありゃ笑っちゃうって言うかwww((
トランクス
ブ、ブラックがペブッなんて言うのか…意外だな…((
あなた
とまあそう言うことがあったわけで…。だから、申し訳ないけど今日ブラックがクソ臭かったのは120%俺が原因()
悟空
にしたっておめぇあのブラックからよく逃げ切れたな!驚ぇたぞ!
ベジータ
ブラックにゴミ箱を当てた人間などお前が最初で最後だろうな()
あなた
うわそんな名誉俺はいらねぇぇぇ〜〜〜((

プリ小説オーディオドラマ