第13話

大事件発生!?
318
2023/07/26 15:14
そんな時だった。向こうの方で大人達が何やら騒いでいるのが聞こえてきた。
あなた
なんかあったのか?
マイ
きっとそうだ、確認しに行こう
急いで騒がしくなっている所に向かうと、そこでは大人達が走り回っていてひどく慌てている様子だった。と言うか一種のパニックと化していた。
あなた
大丈夫か!?何かあったのか!?
俺達が来たことに気付いた大人達はとても狼狽した様子でこちらに駆け寄って来た。なんでも「ここにいたはずの子供が1人いない」らしいのだ!!?



これは危ない。俺がここから出て行くのとはわけが違う。小さい子供なんだぞ!?万が一ブラックに遭遇したらどうするんだ!?トランクスと戦ってる最中とはいえ巻き込まれたら…!!



まだ小さな子供にまで俺と同じような目に遭って欲しくない。もしその子供も腹が立っていて、八つ当たりとしてぶん投げたゴミがブラックに当たったらヤベぇだろ!?←



こ、こうなったら……俺が…!!
あなた
俺がその子探してやる!取り敢えず顔とか教えて欲しい!
マイ
えっ、あなたが行くのかい!?危険だよ!
あなた
もしその子がブラックに出会ったらどうすんだよ!!俺は一度ブラックと遭遇してる身だ、なんかあった時囮になれるだろ!!
マイ
囮になるなんて言うんじゃないよ!!死ぬ気なのかい!?
あなた
勿論逃げ切ってやるよ!!でもまずは子供を逃してからだ、俺はその後だって良いだろ!?絶対生きて帰るから兎に角ここで待ってろよ!!
そう言ってマイの制止も無視した俺は、シェルターの出口まで走り出した。だって子供1人の命懸かってんだぞ、ほっとけねぇだろ!!!



出口のすぐそばまでやってきた時。マイが「あなた!」と俺の名前を呼んだ。



なんとなく無視できなくて後ろを向くと、そこには不安そうな顔で俺を見つめるマイが。そ、そんな顔されたらちょっと行きづれぇじゃねぇかよ…()
マイ
ほ、本当に行くつもりかい…?
あなた
あったりめぇだ、絶対子供を助けて帰る!
マイ
こう言う時最初に飛び出すのは大体死亡フラグだけど、本当に大丈夫なのかい!?←
あなた
大丈夫だ、問題ない
マイ
1番の死亡フラグ建てるんじゃないよ!こ、こうなったら……これ、持って行きな!
そう言ったマイが投げ渡してきたのは……鉄砲!?普段マイが使ってるやつなんじゃ……。



マイを見ると、何も言わずにただ頷いた。きっと俺を信じてくれているんだ。なんなら尚更助け出すしかねぇよな!!



マイから託された鉄砲を手に、俺は駆け出した。どうなっても良いさ、その子供さえ生きて帰せれば良い!!



まあ俺も死にたいわけじゃないけど……兎に角急がねぇとな…!!

プリ小説オーディオドラマ