無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

第4章
それから放課後になりカラオケにやって来た
莉犬君
莉犬君
ねーまずねに歌う?
ころん君
ころん君
最初莉犬君いっちゃいなよ
莉犬君
莉犬君
えー俺?ま、いいよでも下手だから笑わないでよ

莉犬君
莉犬君
じゃー ヒバナ
コンコン優しくノックしてーーーーーーーーーー♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫
めんどいから飛ばします
莉犬君
莉犬君
フゥーー
さとみ君
さとみ君
、、、、、、
ジェル君
ジェル君
、、、、、
るぅとくん
るぅとくん
、、、、、
なーくん
なーくん
、、、、、、、、
ころん君
ころん君
え⤴︎めっちゃうまくね
なーくん
なーくん
それな!!!!!!
莉犬君
莉犬君
そんな事
ジェル君
ジェル君
めっちゃかっこかわいい💕
莉犬君
莉犬君
そうかな、、(///∇///)ゞ
なーくん
なーくん
莉犬くん.歌い手部入ろう!みんなも
るぅとくん
るぅとくん
さーんせーい
ジェル君
ジェル君
ええよ〜
ころん君
ころん君
いいじゃん莉犬くんは?
莉犬君
莉犬君
う、うんやってみる
さとみ君
さとみ君
決まり!
そしてカラオケから帰り次の日←早いけど気にしないっで
莉犬君
莉犬君
みんなー学校行こ
るぅとくん
るぅとくん
\ハーイ/
そして学校に着いた
--------キリトリ線--------
マミ
マミ
はい…今日はここまで!投稿遅れてすみませんまったり投稿しますから待っていてください!
莉犬君
莉犬君
おつぷり