無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第3章〜〜〜〜〜
莉犬君
莉犬君
やっとこの日が来た、いじめから解放される。
莉犬君
莉犬君
俺は男子物の制服を来て、なーくんたちとご飯を食べている
なーくん
なーくん
莉犬、今日大丈夫か?
ころん君
ころん君
確かにちょっと心配だね、
莉犬君
莉犬君
安心してちゃんと男子みたいに出来る!
るぅとくん
るぅとくん
まぁ莉犬君が言うなら良いんじゃない?取り敢えず早く学校行かないと遅刻するよ!
莉犬君
莉犬君
そうだね😅
さとみ君
さとみ君
よーししゅっぱーつ!
莉犬君
莉犬君
し、しゅっぱーつ
莉犬君
莉犬君
(楽しいなこの家)
そして学校に着いた
なーくん
なーくん
意外と小さい学校だね、
ころん君
ころん君
確かになんかクラスの人数も少ないらしいね、
莉犬君
莉犬君
ここの学校名前、歌い手学校?
なーくん
なーくん
そうだね、この学校歌い手さんとかが良くくる学校らしい
ジェル君
ジェル君
ここのみんな歌い手うまいんよ!
莉犬君
莉犬君
え、俺歌苦手なんだよね
るぅとくん
るぅとくん
じゃぁみんなで今日カラオケ行きましょうよ!
さとみ君
さとみ君
おっ!いいね😊
莉犬君
莉犬君
そうだね!取り敢えず早く学校入ろ
ころん君
ころん君
そうだね😅
莉犬君
莉犬君
俺たち何組?
なーくん
なーくん
一組らしい!
そして教室に入るすると
莉犬君
莉犬君
なんかすごい見られてる、
モブちゃん/くん
めっちゃあの人たちかっこいい(可愛い)
ジェル君
ジェル君
俺たちがかっこいいてことやんな(。・ω´・。)ドヤッ
莉犬君
莉犬君
なんか嬉しいね!
さとみ君
さとみ君
そうだな
ころん君
ころん君
莉犬、良かったね
莉犬君
莉犬君
うん!(*^▽^*)
ジェル君
ジェル君
(かわええー)
莉犬君
莉犬君
あ、俺るぅとくんと隣の席の
るぅとくん
るぅとくん
本当だ!てゆうか結構みんなと席近いね!
なーくん
なーくん
確かに!良かったわー
莉犬君
莉犬君
席近いと話せるしね
てんてー
てんてー
はーい席ついて
てんてー
てんてー
私はここのクラスの担任になった涼宮優です
てんてー
てんてー
宜しく
莉犬君
莉犬君
なんか美人さんだね
ジェル君
ジェル君
確かに
るぅとくん
るぅとくん
変な人じゃなくてよかった
てんてー
てんてー
今日は自己紹介してもらいたいと思います
てんてー
てんてー
最初にるぅとさん
るぅとくん
るぅとくん
はい
るぅとくん
るぅとくん
名前は、るぅとです好きなことは、歌う事とギターをする事です
ジェル君
ジェル君
ジェルです、好きなことは歌うこと、アフレコする事です
なーくん
なーくん
ななもりです。好きなことは歌うことです!
さとみ君
さとみ君
はい。さとみです好きなことは歌うこと、ゲームです
ころん君
ころん君
はいころん君です!好きなことは歌う事とゲームです!
莉犬君
莉犬君
莉犬、です好きなことは特にないです
後はモブ
………………………………………………………
マミ
マミ
はい今回はここまでです
ジェル君
ジェル君
おつぷり