無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,704
2018/01/30

第4話

4
in、学校

あなたside
健人
おーはよっ
あなたちゃんっ
あなた
今、ちょっと構ってられない。
私、保健室行くから。
健人
待った待ったーっ
俺も着いてく!
あなた
えぇ。
めんどくさいなぁ...。
健人
どこ痛いの?
あなた
腰。
だから湿布貼りに行くの。
健人
毎日腰痛がってるよね。w
ひとりじゃ湿布貼れないっしょ?
まあ正論だ。
来んなって言っても着いてくるだろうし、
あなた
じゃあ、お願いしようかな。
健人
やった!
じゃあ行こっ
中島君が私の手を握った。
周りの女子
うっわぁ、みんなのけんてぃーを独り占めかよw
周りの女子
うっざ!w
周りの女子
あんなダサい女のどこがいいのw
周りの女子
きもw
周りの視線がいたい。
周りの女子
学校から出てけよなwwwwwwwwwwwww
そんなの言わなくてももうすぐやめるから。







ドン




中島君が机を蹴った。
健人
てめぇら。
いい加減にしねーと、手がでるぞ。
嫉妬の陰口もそこまでな。
俺、陰口言うやつ、いっちばんきらーい。
周りの女子
うぅ...。
周りの女子
ぐすん...。
泣き出す子までいた。
周りの女子
いつもは甘い言葉なのに。
周りの女子
もう行こっ!!
女子達が教室から出ていった。
あなた
ありがと。
健人
いいえーっ♡
俺、かっこよかった!?
あなた
うん。