無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,751
2018/02/27

第7話

7
あなたside
健人
じゃあ、そろそろ始めていい??
あーみかちゃんっ。
あなた
は、はい....。
健人
ふふっ。かーわい。
ちゅ。



そう、にっこり微笑むと軽いキスをしてきた。
あなた
ん///
軽いキスだと思ったら、いきなり舌が入ってきて私の口の中で暴れる。

目を開けると、そこには白い肌に大きい目、長いまつげの彼がいた。
あなた
んあ///
こんなに感じたことは他にないかもしれない。っていうくらい、うまかった。

これは女たらしの、プレイボーイだ。そう確信した。
健人
あっ。今、俺のことプレイボーイだと思ったでしょ??
気づかれた。
あなた
なん、で、わかったの??
健人
顔に書いてある!笑
言っとくけど、俺、初めてだから。
だから、うまくできないかも。
ツッコミどころがたくさんある。

まず、こんなにイケメンなのに童貞だということ。

次に、充分うまいのに、うまくできないかもって...笑


まあ、いっか?笑
健人
明未香ちゃんのために童貞置いといたようなもんだからね!
ホントはやりたくてたまんなかった。
全部、ひとりで処理だもん。
俺だって、優しくしたいけど、激しくなっちゃうかも。
中島君、いや、健人君の目が優しい目からドSの目に変わった。
あなた
私のため...??
健人
そう。
私のためってどーゆこと??
健人
もう、我慢しないから。