無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,125
2018/01/23

第2話

2
あなた
ん////ぁあ////
おじさん
うは///いいよぉ///あなたちゃん/////
きもい。きもい。きもい。

ねぇ、お父さん、お母さん、いつまでこんなことすればいいの、?

あの時言ったよね?「あなた。お前を絶対に助ける人が来るから」って。


来ないじゃん。。。



ってか、このおじさん下手。
明日はまたまた腰が痛いんだろう。


一応、声はだしてるけど。
ださないと、またあのクソの里親に殴られるから。

私の里親は金を稼いでパチンコに行きたいが為に、私を金稼ぎに使っている。

最低だよねw



最初の頃は信じてた。

絶対に助けが来るって、


でも、もう諦めたよ。








ペロペロ
あなた
い、やぁ///そこはっっっ///
おじさん
んははー(ლ ^ิ౪^ิ)ლ   いいじゃないかぁ♡
自分だけ気持ちよくなってないで、僕のも舐めてくれよぉ♡
いや、きもち良くないよ?w
おじさん
ほら、咥えて??
私の前にそれが...
おじさん
はやくっ!
あなた
はい...
仕方なくそれを咥えた。


うっ。一瞬で吐き気を催す。


臭い。吐きそぅ。。。





ジュボジュボ
おじさん
ん///はぁ///
おじさんは脚をピンとしている。

これが脚ピンっていうやつね。


きも。







このSEXは、おじさんがいったら終わり。



はやくいけよ。
おじさん
いく///いくよぉ///
あなたちゃぁ//ん///
お口開けてぇぇええええ////
あなた
はぃ??
そう言って、口を開けた瞬間___。





ドピュドピュ






はい。でました。






私の口の中に生臭い香りが広がる。
あなた
うっ🤢
おじさん
ふふふー♡
吐いちゃダメだよぉ♡
飲み込んで♡
は。何言ってんの。こいつ。
おじさん
飲んで♡
嫌って言っても聞かなさそう。
あなた
((ごくん。
おじさん
どー??♡
どー??じゃねーよ。まずいわ。
あなた
美味しいです。
おじさん
良かったぁ♡
里親1
田中様ぁ♡
お時間です♡
おじさん
おっけーでぇす♡
丁度いいところに里親登場。
in、玄関
おじさん
あなたちゃんっ♡
はいっ
10万♡
あなた
ありがとうございます。
おじさん
また来るねっ♡
もうくんな。
おじさん
ばいばーい♡
あなた
さよなら。
ガチャ。





ドアがしまった瞬間___。
里親2
はやくその金よこせっ!!!!
あなた
どーぞ。
里親1
ふふっ
10万♡
里親2
これ。今日の給料。
チャリン
あなた
300円...
里親1
なに!?
文句でもあるって言うのかい??
あなた
いや、そんなつもりは…
文句ありありだよ。




ボコ




鈍い音がした。殴られたんだ。
あなた
痛...
里親2
ふっ。
ざまあみろ。
里親1
パチンコ行こ??
里親2
おう!
里親1
ちゃんと家事しとくんだよ!!!
わかったかい???
あなた
はい。
里親2
じゃあなw
もう帰ってくんな。
ガチャ。
あなた
今日も夜ご飯なしだ...。