第2話

2話
83
2019/02/13 10:14
銀時 じゃあじゃあ辰馬は?
桂 今はおらん
銀時 え、こいつも逃げ…
桂 何でもかんでも逃げたと言うな。高杉も辰馬も逃げてはおらん
銀時 …でここどこ
桂 よろづやだ。お前の新しい家族がいる
銀時 は?
桂 いいから入れ

すると中には神楽と新八がいた。そして真選組もいた
桂 …なんで真選組もいる。お前らも家族か?
近藤 なわけないだろう!ただたんに気になったわけだ
土方 おう
新八 近藤さんずっと姉上を探し…銀さん!
神楽 銀ちゃんアルか!!
いつもならなかなか起きない神楽も昼寝中パッと目を覚まし言った
銀時 ちょちょ
神楽 銀ちゃーん!
新八 銀さん!!
2人は2人でハイタッチをしながら銀時の元に抱きつく
銀時 …づらァ…助けて
桂 無理だ。この2人は今からお前の家族だ
銀時 ふぅん…でさ、俺ずーっと気になってたんだけどこの赤い女とあの黒い男達幕府と天人…だろ?
桂 …
急にワイワイとしてた空気が狂気に充ちた空気になる
近藤でも怖いと感じるほどだ
桂 銀時その話はよそう
銀時 …なら松陽はどこだ。どこにいる
ギクリと桂が肩を震わせる
この事実を知ってるのは坂本辰馬。高杉晋助。坂田銀時。そして桂小太郎しか知らない
桂 えーと…それは…だな
高杉 死んだ (高杉がバンとドアをあけていい
銀時 は?お前何言ってんだ?あの松陽が死ぬわ…
高杉 死んだって言ってんだろ。甘党野郎が
銀時 …まあいい。じゃあこいつらは誰だ。このメガネは人間。この黒い服の奴らも人間だがこの服幕府だろ。そしてこの赤い女は天人だろ
高杉 ああ。この黒い服は真選組と言いここの警察。幕府だ
そしてこいつは天人だ。
桂 高杉…
高杉 事実言わねえといけんだろぅが
銀時 …なら殺してもいいよな、?この天人はまだしもこいつらは幕府。敵だぞ!ヅラお前はどうしてこいつらと話す。俺はその意味が分かんねえ
何故俺らの敵の幕府と話すのかその暇があったら殺せるだろ。少なくとも3人
あいつらなら
桂 …しかし銀時。
銀時 しかしも何もねえよ。こいつらは俺の敵。それだけだ
それなら殺しても構わない、だろ?
銀時の目がどんどん赤くなる。そしてどんどん光が消える
土方 おい!
銀時 うるせえ。幕府は黙ってろ
高杉 おい銀時。お前随分とアホだな。こいつらは俺らの敵。殺しても構わない
でもお前は本当にいいのか?こいつらとはお前は仲良くしてた。なのに殺してもいいのか?殺したらぜってぇ後悔する。それだけは覚えとけ。甘党野郎が
桂 高杉の言う通りだ。銀時
神楽ちゃんもこいつらもお前。俺たちの味方だ。
銀時 …ならさもしこいつらが何かしたら殺してもいいだろ?
刺してさ。グチャグチャして
桂 … (銀時を殴り
武士たるとも半端はいけんだろう!
もししたらこれより痛いげんこつを食らわれるぞ
高杉 …クク。まあせいぜい痛がっとけよ

プリ小説オーディオドラマ