前の話
一覧へ
次の話

第3話

3話
63
2019/02/14 22:14
侍たるもの半端はいけない
懐かしい。この言葉は松陽が言っていた言葉だ

銀時 …ちっ
桂 …はぁ
高杉 …クク
桂 俺と高杉は水を買ってくる。銀時何もするんじゃないぞ、すぐ帰るからな
新八 あっちょ…
銀時しかいなくなり静かな空気がただよう
銀時 …
銀時はあぐらをかいてこっちをずっと睨んでいる
そんなに怖がることか?
神楽 …銀ちゃん…ごめんなさい
銀時 …別にいい。俺こそ…悪かった

プリ小説オーディオドラマ