無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,158
2021/01/24

第3話

{ 🔞 }




※🔞


聡side




あなた「私、もう我慢できない…はやくしよ?」



え?


こんな積極的になるものですか?


あなたは俺の首に手を回し、とろんとした
目で見つめてくる。


あなたをベットに押し倒し、服を脱がせた














健人『で、キスしたあとは何すんの?』

聡『ふえ!?』

風磨『やっぱり弄ったりするんですか?』

聡『いや…あの…///』

風磨『え、どういう風にやるんですか?』((ニヤッ


いややるとは言ってないですけど笑


聡『舐めてみたり…?』

健人『おー、じゃあ噛んでみ?笑』

聡『は…はあ…笑』





とか言ってたなあ。






あなたの胸に突起に吸い付き、甘く噛んでみる。


あなた「んぁぁぁあっ///そぉちゃん…ッ!///」

聡『ごめ…痛かった…っ?💦』

あなた「ん…ちが…ッ!気持ちい…///」


やばいやばい…
かわいすぎるよね…?


聡『ね…もうやばい…いれていい…?』

あなた「コクン///」


大きくなった自分のモノを取り出し、
あなたの濡れたナカにいれる。


あなた「ッ…はぁ…んん♡」

聡『あなた…っ締めすぎ…笑』

あなた「らってぇ…///気持ちよすぎ…っ///」


少しだけ腰を動かしてみる。


あなた「ぁぁああん♡///聡ちゃん…ッ!
…色々…前より激しぃ…っ///」

聡『あなたも…っいつもより…エロすぎ…ッ!///』

あなた「っんん///それは…聡ちゃんが…
上手だから…っぁあ///」


だんだんと目が落ちていくあなた。


あなた「だめ…イクっ…ぁあんんんっ♡///」














~翌日~


健人『で?どうだった?笑』

聡『すごい…よかったです…///』

風磨『うわぁー、松島くんの変態ー!』

聡『えぇぇ!?笑』






また少し大人の階段を登った
聡ちゃんでした♡






{終わり}♡