無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
2,106
2021/01/24

第1話

{ ♡➹ }


聡side
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
* バスの席の並び図 *

風磨¦健人¦聡
勝利¦・・・¦マリ

{健人くんの前は廊下です}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ロケ帰り


バスに揺られ うとうとしていたその時。



風磨 『まーつしまさん?』ニャッ


と突然話しかけてきた風磨くん


聡 『なんですかなんですか笑』


健人 『松島さんは女性としたことはあるんですか?笑』



…ん?



聡 『え、なにを?』



すると驚いた顔をして笑いながら



風磨 『嘘つくなよ!笑分かってんだろ!笑笑』



と言ってきた風磨くん。



健人 『だからぁ笑女性と夜の営みしたこと
あるんですかって笑』


聡 『えっちょまってそういうこと?///ww』



…ってかいや突然だなあ!笑



風磨 『で、そこんとこどうなんですか?笑』


聡 『いや僕だって男ですからありますよ笑』


健人 『あなたちゃんとやってるんですかぁ~♡』ニヤッ



わぁーもう2人が深夜テンションだぁぁ笑



風磨 『どんな感じでやるんですか?』


聡 『え、普通に押し倒して服脱がせて…///
キスして………挿れる…?笑』



俺なんの話ししてるんだ…笑



風磨くんとケンティーは、はぁ…と
ため息をついて“ないわぁ…”と言った。



聡 『え?笑』


健人 『そんなんじゃあなたちゃん可哀想じゃん!
松島飽きられちゃうよ!?』


聡 『えええええ!』


風磨 『いや当たり前でしょ笑』


聡 『いやいやいやでもあなた純粋だし』


健人 『でもそういう子って割とそういうの好きだよね♪俺あなたちゃんのこと襲っちゃおっかな笑』


聡 『だめだめだめだめ!』


健人 『んー、じゃあどうしてほしいの?』


聡 『え…あの…上手なやりかた…?教えてください笑』



風磨 『よし、じゃあ』






風・健 『教えてあげますか♡』