プリ小説

第26話

由利亜とメイド



次の日の朝
夢主ちゃん
夢主ちゃん
いってきます……

学校についた
夢主ちゃん
夢主ちゃん
おはようございます!
全員
全員
おはよう!あなたちゃん!
由利亜
由利亜
あぁ!あなたちゃぁん♡おはよぉ♡
ちょっとぉ体育館にぃ放課後ぉきてぇ♡_
夢主ちゃん
夢主ちゃん
はい分かりました


キーンコーンカーンコーン
先生
先生
はい。今日は転校生が来ています!
はいって!
美優希
美優希
はい……初めまして…由利亜お嬢様のメイドの
美優希と申しますよろしくお願いします
全員
全員
よろしくお願いします!
先生
先生
じゃあ美優希さんの席は……
美優希
美優希
先生、由利亜お嬢様の隣がいいです。
メイドなので……
先生
先生
おぉ!わかった。美優希は由利亜の隣な!




キーンコーンカーンコーン




放課後←はやい?気にするn(殴
るぅと
るぅと
起立、気おつけ、死ね
全員
全員
ありがとうございました。
莉犬
莉犬
あなた〜!一緒に帰ろ!わんわんお!
夢主ちゃん
夢主ちゃん
あっ!莉犬くんごめん!由利亜ちゃんから呼ばれてるの!
だから一緒に帰れないんだ。
莉犬
莉犬
ん〜?大丈夫だよー!

じゃあバイバイ(ヾ(´・ω・`)!
夢主ちゃん
夢主ちゃん
バイバイ(ヾ(´・ω・`)







体育館!
由利亜
由利亜
あ〜!やっと来た。遅すぎ
夢主ちゃん
夢主ちゃん
遅くてすみません。要件はなんですか?
美優希
美優希
由利亜お嬢様……やはりやめた方が……
由利亜
由利亜
美優希は黙ってて
要件?るぅとさんに近ずかないで頂戴。
邪魔なのよ
夢主ちゃん
夢主ちゃん
いや……近ずかないでと言われても困るんですよ……
由利亜
由利亜
へぇ言うこと聞かないんだw
身を持って味わわないと分かんないかぁw
じゃあやって頂戴
美優希
美優希
わ……分かりました。由利亜お嬢様

やって下さい
モブ男
モブ男
OK!由利亜ちゃんの為ならやるよ♡
モブ
モブ
由利亜ちゃんが言うなら……


殴る蹴る殴る蹴る殴る蹴る
夢主ちゃん
夢主ちゃん
っ……一体何なんですか?←〜すとぷリスナーなら分かる!〜




う……ゲホッ
由利亜
由利亜
あらぁ……ふふっ♡今日はこの辺でやめときましょ♡




では、さようなら
夢主ちゃん
夢主ちゃん
(制服の汚れをはらう)


っ……帰るか……







✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄


作者
作者
変なところで切ってすみません!

あと更新遅くてすみません!

そして……


あけましておめでとうございます(*´∀`*)
今年もこのくそ小説をよろしくお願いします

以上作者でした!

じゃあおつぷり!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なな
なな
小説書いてます。 応援してくださっている方いつもありがとうございます。 私も小説書くの頑張るので…暇つぶしに見てください。 妹……マシュマロ🍡 🍌族?ちゃん! 妹……歌い手、声優大好きさん!← 兄……RINGO 🍌族さん! 姉……海月さん! 歌い手……やってみようかな←絶対無理 なんか精神的に辛いかなぁ… 死にたいな…やっぱり生きたいな…でも苦しいな