無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

じゅうきゅう
そして、二宮くんは去っていった。
私も学校に戻ることにした。
まだ、授業中。
先生にお腹痛いですって言ってズルしてグラウンドに来たの。
そしたら心配で二宮くんが探しに来てくれたんだって。


私が戻ったころ、もう授業は終わっていた。休み時間に入っていた。
みゆ
あなた、大丈夫??いや、ってか、ズルしたでしょーっ
あなた

あ、バレてる笑笑ごめん。

みゆ
真面目に授業受けなよ!!
あなた

はいよ。

今6時限目。
だから、もう学校終わる。
数学やってる。
つまんない。できなさすぎて。
勉強しろって話だけど、したくないし。
勉強できる人の意味がわからん。
まず、なんで学校っていうものがあるのかもわからない。
友達を作るため?
私にとっては、みゆに会うためだけのところだよ?
勉強なんて目的なわけない。
学びになんて来てない。学ばなくたっていいもん。
まぁ、あとは?///
あのイケメンに会うため?かな//
相葉雅紀
おーい、あなた!!
あなた

はーい!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

👑 サクライ ショウ 💞💭
👑 サクライ ショウ 💞💭
ARASHIC🙈💓
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る