無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第32話

さんじゅうに
あなた

ん?どうしたんですか?

櫻井翔
っぁあっーー!!!
にの、シ━━━ッ
二宮和也
なんでですかー!。
相葉雅紀
あ!そーゆーことか!
コクハッ(ニノに口を抑えられる)
二宮和也
おーいっ!!
あなた

???

(3人)

バレてない………?
あなた

あ!!もう、始まりますね!!

櫻井翔
そうだな!
相葉雅紀
バーンバーンッ!
二宮和也
相葉さん、目立ってる。
相葉雅紀
あー、ごめんごめん!!
二宮和也
その声もうるさい。
相葉雅紀
まじっ!!?
二宮和也
だから!うるさいって!もう、喋んないでくれます??
相葉雅紀
相葉雅紀
(口パクで)
はい、わかりました!




そして、花火があがった。


私の目の中に映るものは、とても綺麗なハートの花火。



それで、私は、自分の気持ちに気づけた気がした。

今までは、曖昧な感情。


今では、本気。


泣けてきた。花火さん、、、ありがとう。
この気もちは、花火というものが気づかせてくれた。
あなた

グスン…

櫻井翔
おい、どうした?
二宮和也
ん?(あなたの顔をのぞき込む)
相葉雅紀
(口パク)
どーしたの??
あなた

いいえ、なんか感動しただけです…!

櫻井翔
あ、そかそか。女の子らしいな、笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

👑 サクライ ショウ 💞💭
👑 サクライ ショウ 💞💭
ARASHIC🙈💓
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る