無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

きゅう
解散してからも、時間は過ぎ…
櫻井くんに指定されていた時間。そう、放課後に。
色々な意味でドキドキしている。
早めに帰りの会が終わった。
だから、学校の裏で少し待つことにした。
櫻井くんはすぐきてくれた。
櫻井翔
あ、結構待ったか?ごめんな!
あなた

大丈夫です!!さっき来たばかりなので。

櫻井翔
あ、あのさぁ、あなた。
なんだろう。
あなた

はい?

櫻井翔
お、俺とさ、、、、、
えっ、、、まさか!?
もしかしてのもしかして!!!!
櫻井翔
一緒に帰ってくれない?
ズコーーーーーーーッ
そっちか。期待してた自分が馬鹿だったわ〜〜
だって、この展開完全に告白だよね?
違うのかぁ
なんか、少しガッカリ





そして、2人は一緒に帰ることにした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

👑 サクライ ショウ 💞💭
👑 サクライ ショウ 💞💭
ARASHIC🙈💓
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る