無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

(尚大side)
仕事で休みのラウールからのLINE。

ラウ:ナオ!アオちゃん熱あるのに学校行っちゃった!!

俺:はぁっ?!なんで止めなかったの?!

ラウ:っ……それはっ……

なんとなく察して、それ以上は聞かず時間を見て様子見するよと伝えた。

そして….早退を知り、追いかけて今に至る。
こんな碧……初めてだった。
碧
嫌っ……帰りたくないっ……怖いっ……
秀明
秀明
……分かった、俺の部屋行こうか。
碧
っ……(コクッ)
秀明
秀明
……オリもくるか?
尚大
尚大
えっ?
碧
来て……尚大?
顔を赤くして涙目で見つめる碧……反則。
尚大
尚大
…いきます。
滝沢くんに連れられ、滝沢くんのオフィスルームへ。
秀明
秀明
俺、ちょっとふっか達のとこ行ってくるから。織山、碧のこと頼むな
尚大
尚大
分かりました。
ソファーで寝転ぶ碧……絶対熱上がったやつ。
碧
んー……(泣)
尚大
尚大
……俺、ここにいるから。寝ていいよ。
碧
っ……な…お、
熱のせいで何十倍も甘えたな碧……可愛いわ、
尚大
尚大
……(撫)
碧
っ……zzz
ふぅ……



「俺は碧の彼氏だっ!!」



恥ずっ……でも……願望でもある。
尚大
尚大
……早く良くなってね、碧。
あの言葉の意味…話したいから。