無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

甘々ふっか
辰哉
辰哉
アオ〜(ギューッ)
碧
っ?!……ふっか?
辰哉
辰哉
んー??
どうした……最年長。
照
あっ、そこにいたか、
碧
ひーくん…
碧
何があった???
照
ふっか、熱出してんだわ。
照
ふっか以外仕事なんだわ。頼んでいいか?
碧
いいけど……
照
サンキュー、何かあったら連絡して。
碧
はーい、
辰哉
辰哉
んー……
碧
ふっか……熱何度?
辰哉
辰哉
えぇっとねぇ……39.はc
碧
はぁっ?!
碧
早くねなよ!!
辰哉
辰哉
ええ〜やだぁ、あおといる〜
すっごいフワフワしてる……
碧
……わかった、一緒なら寝てくれる?
辰哉
辰哉
うん!!
ええ〜と布団は〜……
碧
あっ、あった。
しかも二人分
さすがwww……ダテくんかなぁ
布団を敷いて、フラフラなふっかを連れて来て寝かせる。
辰哉
辰哉
ん〜……アオ?
碧
んっ?
辰哉
辰哉
一緒に寝る??
碧
寝るよ?寝るから、ふっかも寝よ?
辰哉
辰哉
んーzzz
その後、何事もなく看病して夜はメンバーにバトンタッチ(しょっぴーに強制回収された。)