無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

21
2021/08/13

第2話

2話
貴方
【目が覚める】
??「あなた!!」
貴方
……え…?
目の前には、見覚えのある部屋の内装
6人の子供達が居た

凄い可愛い顔をした女の子
眼鏡をかけてるおかっぱ頭の男の子
小柄で謎の色気を持ってる男の子
カッコイイと可愛いを混ぜ合わせたような男の子
小さくて、可愛い顔をしている男の子
背が高く、塩顔イケメンの男の子
出っ歯だけどカッコイイ男の子
貴方
テン…テン…?
テンテン
あなた(泣)【抱きつく】
本当に心配したんだから!(泣)
貴方
……?
チビクロ
お前、兄弟達の部屋で倒れて
ずっと眠ってたんだぞ…?(泣)
テンテン
良かった…良かったあなた(泣)
ちびトラ
おじいさん呼んでくる!
アンアン
僕も着いていく!
意味が分からない





何故、目の前に大好きな人達が居るの…?






私は飛び降りたはずじゃないの…?
トンボ
バカ…(泣)
本当に心配したんだからな(泣)
【頭を撫でる】
そして、幼い頃からずっと恋をしていた子も居る
スイカ頭
お前も泣いてどうすんだよ…(泣)



気付いた時には私は涙を流していた







最後に走馬灯?的な感じで夢を見せてくれてるのかな?
ガチャ
金おじいさん
あなた!
貴方
金…おじいさん……?
金おじいさん
良かった……2週間も目を覚まさなかったんじゃぞ!?
ワシら本当に心配したんじゃからな



それなら、この走馬灯が終わるまで
私はこの世界を存分に楽しもう
貴方
心配かけちゃってすみません
そうして、私は泣きながらもみんなに笑顔を見せた