無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

5
2021/07/25

第8話

8話
貴方
夜は溢れる夢描いて
朝は光る希望抱いて
清く正しく前を向いて
「待って。そんな無理しないで」
なんて言う人もいなくて
泣いて もがいて べそかいて
こんな思いは何回目
綺麗好きすぎて もう
何もかも見たくないな

『ケッペキショウ』
現実世界にいる時はよく聞いていた曲
急に歌いたくなって、私は早起きして人が来なさそうな場所で歌った



歌い終わったあと、暖かいものに包まれている感覚になる
トンボ
あなた…
貴方
おはよ、トンボ
トンボ
…おはよ
……何かあったんだよな…?
貴方
??
トンボ
悲しい歌だったから…
貴方
あー、大丈夫だよ
ほら、私暗い曲とか好きでしょ?
トンボ
でも、今の歌声…
貴方
もうそろそろでご飯だし私先に行くね
トンボ
待って!
【あなたの手を掴む】
貴方
トンボ
そんな、無理すんなよ
貴方
トンボ…
トンボ
俺、今さっきの歌詞覚えてるから
こういう言葉言う人居ないって言ってたけど
俺が居るし
俺はあなたを守りたい
あなたをイジメたりする最低な奴から守る
約束するからさ、無理はしないで
貴方
…ありがとうトンボ
出来るだけ頑張るよ
トンボ
……うん
(出来るだけ…か、でもあなたにとってはそれですら苦しいんだろうな…)