無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

17
2021/06/07

第6話

6話
翌日
自分の部屋
やっと、やっと傷を付けれた…
治療法は知ってるからどこを切ったって心配は無い
ガチャ
ちびトラ
あなた、入るぞ〜……は?
貴方
!?【隠す】
ちびトラ
お前、その傷どうしたんだよ!
貴方
えっと、これは……【ガラスをどこかへ隠そうとする】
ちびトラ

【片手を掴む】
……これ何?
貴方
ガラス……
ちびトラ
…どこで拾ったの
貴方
この前、出かけたとき…
ちびトラ
……とりあえず止血するから
ちょっと待ってて
数分後
ちびトラ
はい、出来た
貴方
…ありがとう
ちびトラ
【抱きしめる】
貴方
ちびトラ
ねぇ…、あなた
何で、こんなことしたの…?
貴方
………
ちびトラ
言いたくない…のか?
貴方
……ちびトラ、ごめん
ちびトラ
謝らなくて良いよ
貴方
もう、ほんとに辛いの…
ちびトラ
……【頭を撫でる】
あのさ、あなた
貴方
…?
ちびトラ
無理にやめろなんて、言わない
というか言えない
あなたが凄い過去を持ってるの知ってるから
でもね?
俺、あなたがあなたを傷つける所は見たくない
貴方
………
ちびトラ
だからさ、その…自傷?する前に俺の部屋来て
とにかく、俺の所に来て
話聞くし…さ
分かった?
貴方
【頷く】
ちびトラ
幼い頃からずっと誰にも頼れなかったもんな…
俺、血は繋がってないけど、お兄ちゃんみたいなもんなんだから
すぐに言えよ…
その日ちびトラは私の心が落ち着くまでずっと傍に居てくれた
テンテン達に伝えないで欲しいと言ったら
良いよと言ってくれて、翌日もみんなに何か言われるような事は無かった