無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

24
2021/05/13

第3話

3話
走馬灯なのかは知らないけど凄いな
今までに起きたこと全て頭の中に入っている
天使のような可愛さを持ったテンテンが私と親友
ずっと恋をしていたトンボとは恋人
こんな人がお兄ちゃんだったら良いなと思ってた
ちびトラ、デッパはお兄ちゃん的な存在
オタクの私にとっては最高の設定
トンボ
あなた
貴方
トンボ
【抱きしめる】
お前、まだ体調悪いだろ?
貴方
え…?
トンボ
ずっと、静かっていうか…悲しい目をしてるっていうか…
貴方
あ、いや、大丈夫だよ
全然
トンボ
……あんま無理すんなよ
【頬にキスをしてどこかへ行く】
貴方
………
(流石無自覚、やる事が全部イケメン)
貴方
今から何しよっかな…
金おじいさんには1週間、当番の仕事は無いからゆっくり休んでくれ
と言われたけど
何もする事がない…
貴方
外、行ってみようかな…
扉前にて
貴方
【出ようとすると】
チビクロ
あなた!
貴方
チビクロ
お前どこ行くんだよ
貴方
あー、やる事無いから外に行ってみようかなって
チビクロ
お前、相変わらずカンフーの練習しないんだな‪w
貴方
え?
チビクロ
いつもカンフーの練習嫌がってるだろ?
貴方
あー…ね
チビクロ
俺、今日は当番じゃねぇから教えてやるよ
絶対逃げんなよ‪w【どこかへ連れていく】
それからチビクロに色々カンフーを教えてもらったが…
チビクロ
相変わらずだな笑
貴方
運動は苦手だからね
チビクロ
ま、でもいつもより良いと思うぞ
いつもは嫌だ〜やりたくない〜
ばっか言ってやらないからな笑
貴方
まあね笑
やる時はやるから笑
チビクロ
何だよそれ笑