無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

隣にいたのは私じゃなかった?
1,564
2019/12/01 05:09


 屋上に行った日から数日が経った。

 一人で登校していると、校門を抜けた先で花満くんの後姿が見える。

松葉花音
松葉花音
花満くん! おはよう
花満周
花満周
あ、松葉ちゃーん! おはよ!


 振り返った花満くんは私に気付くと、ふわっと花が咲くように笑みを浮かべて手を振ってくれた。

松葉花音
松葉花音
(ぬぅー、花満くん今日もかわいいよぉ!)
花満周
花満周
あれ?
松葉ちゃん、少しほっぺ赤くない?
松葉花音
松葉花音
え? あー、今日寒いからかな?
花満周
花満周
急に寒くなったもんねー。じゃ、俺のマフラーかしてあげるー!
松葉花音
松葉花音
え!?
けど、それだと花満くんが……
花満周
花満周
いいのいいのー!
教室まで巻いていって!
松葉花音
松葉花音
ふふっ、ありがとう


 いつの間にか私から話しかけることも普通になり、また前よりも仲良くなれたと実感している。

 けど、良い事だけではなく、あの日からずっと胸につかえていることがある。


 花満くんの幼馴染さん。 


 たぶん、何かをきっかけに亡くなった幼馴染さんを思い出したとき、花満くんは悲しそうな表情を浮かべているのだと思う。

 荒牧先生いわく、私はその幼馴染さんに似ているみたいだけど、もしかすると私が思い出すきっかけになっているのかもしれない。

そんな心配がずっと心の奥底でくすぶっている。

松葉花音
松葉花音
(やっぱり、花満くんに笑っていてほしい! けど、もし私が原因なら……)


 花満くんと教室に向かいながらボーっと考え込んでいると、急に横から花満くんの顔が迫ってきた。

花満周
花満周
松葉ちゃーん? どうかしたの?
松葉花音
松葉花音
ひゃああぁっ!?
花満周
花満周
あ! ごめん、近かったね! なんか難しい顔してたけど、悩み事?
松葉花音
松葉花音
うぅん! ぼーっとしちゃってごめんね。なんでもないの
花満周
花満周
そぉ?
松葉花音
松葉花音
うん、大丈夫だよ。早く教室はいろー


 花満くんはあまり納得していないようだけれど、私は彼の背中を押して一緒に教室へと入り、話を無理に切った。






 それから美樹ちゃんとなんてことない雑談を交わし、授業が始まる。

松葉花音
松葉花音
(花満くんからも仲良くしてくれてるんだから、嫌われてるわけじゃない。むしろ、隠し撮りなんてした私と仲良くしてくれて最初は不思議に思ってたくらいだし……)


 そこまで考えて、私は自分でも否定したいほど卑屈で嫌な答えが思いついてしまった。

松葉花音
松葉花音
(もしかして、幼馴染さんと私が似ていたから仲良くしてくれている?)


 自分に向けられていた笑顔も、言葉も、優しさも全部、違う人へのものだったら……。

 怖くなった私はこれ以上考えないように、必死に黒板の文字をノートに書き写した。





 1限が終わっても気持ちは落ち着かず、少し花満くんと話すのが恐い。

小川美樹
かのーん? 次移動教室だけど、準備してないじゃん。花満くんたち廊下で待ってくれてるよ
松葉花音
松葉花音
え、……あ、忘れてた。
ちょっとまってね
小川美樹
うん……って、もしかして熱ある?
顔色悪いけど
松葉花音
松葉花音
え? 大丈夫だよー、はい、準備できた。ほら、美樹ちゃん授業行こう
小川美樹
うん……


 廊下で待ってくれていた花満くんと田島くんに声をかけて教室に向かうが、私はその間に一度も花満くんを見ることができなかった。

 ぐるぐる考えすぎたせいか、なんだか体もフラフラして足がもつれた時――。




        グイッ




 田島くんが私の腕を掴んで支えてくれた。

田島慧人
あぶなっ! 階段落ちるなよ? ていうか、やっぱり保健室連れて行った方が良いんじゃないか?
小川美樹
だよねー。花音、保健室行こー。
ゆっくりでいいから階段降りれる?
松葉花音
松葉花音
そ、そんな、大丈夫だって! ちょっと、考えごとしてたせいで、ボーっとしてるだけで……


 私が説明をしていると、心配そうな花満くんと目が合ってしまう。

花満周
花満周
朝から熱あったのかもね。
ちょっと、おでこ触るよ?


 花満くんが私の額に触れようとした時、授業中に考えていたことが頭によぎった。

松葉花音
松葉花音
(この心配も私に向けられたものじゃないかも……)




         バシンッ




 私はとっさに花満くんの手を跳ねのけ、その勢いで力の入らない体は後ろへと倒れる。

 床に足がついていないような浮遊感。

 意識は遠のき、最後に見えたのは必死に私に手を伸ばす花満くんだった。

花満周
花満周
松葉ちゃん!!!