無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

615
2020/04/05

第20話

そりゃそうですよね…
菫
(あの騒動の後)
菫
(私は正式に「イナズマジャパン」の一員として、発表された)
菫
(メディアも世間も物凄く驚いてたようだけど)
菫
(その事実は思ったより呆気なく吸収された)
菫
(今では、街の人達が笑顔で手を振ってくれるくらい、呆気なく)
菫
さてと、ちょっと走ってこようかな
___________________________________________________
菫
ハァ…ハァ…
菫
(あ、ここ…)
菫
昼でも夜でも綺麗だなぁ…
ガサッ
菫
ん?
一星
一星
…こんにちは、白川さん(^-^)
菫
こんにちは、一星さん
一星
一星
先日は、大変でしたね
菫
そうですね…物凄く焦りました…(笑)
一星
一星
…分かってるでしょ?
菫
…何がですか?ニコッ
一星
一星
僕がやってるってこと
菫
そんな大事なこと、話しちゃって良いんですか?
一星
一星
良いんですよ
一星
一星
だってこれから貴方は…いなくなるんですからニコッ
菫
え?
ドンッ!
菫
!?
・・・
一星
一星
貴方がいると、上手く動けなくなる人がいるんですよ
一星
一星
貴方には、その人のために今ここで死んでもらいます
一星
一星
ニヤ
一星
一星
(さて…ちゃんと沈んでるかなぁ…?)
ガシッ
一星
一星
は?
グイッ!
一星
一星
なっ!?
バシャン!
一星
一星
…プハッ!
一星
一星
ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...
菫
ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)アハハ
一星
一星
何のつもりだ!
菫
だって、あのまま終わるなんてこと、したくなかったんですもん
菫
ここは大丈夫ですよ!
菫
結構浅い所ですから!
菫
水遊びしましょ?水遊び!
一星
一星
ふざけているのか!
菫
ふざけてますよ?
一星
一星
…何故こんなことをする
菫
なぜ?愚問ですね
菫
「私がしたかったから」ですよ!
一星
一星
…はぁ?
一星
一星
くだらない
菫
そうですね、くだらないです!
菫
でも、この「くだらなさ」が、今の貴方には必要かなー、と思ってまして
一星
一星
…どういう事だ
菫
悩んでますよね?
一星
一星
何に
菫
私には分からないことだけれど
菫
貴方は確実に追い詰められている
菫
早く解決しないと
菫
貴方が貴方ではなくなる
一星
一星
…お前、性格変わってないか?
菫
そうですかね?(笑)
一星
一星
最初の頃はビクビクしてたじゃないか
菫
(´-ω-`)ウーン…当時はパニック状態でしたからね
菫
でも今は
菫
堂々としていようと思って
一星
一星
…何故だ?
菫
守られてばかりなのも、申し訳ないので…
菫
もう、頼りっきりの私ではありませんからね?
一星
一星
…お前も成長したな
菫
どういう意味ですか!
۹(◦`H´◦)۶プンスカ!
一星
一星
色んな意味で
菫
意味深すぎますよ!
(`・н・´)
菫
というか、今の一星さん
菫
本性さらけ出しまくりですね
一星
一星
あぁ…
菫
私的には、そっちの方が気を使わないで済むので
菫
常時その状態でいてほしいのですが…
一星
一星
…1日でヤンキー風に変わるチームメイトって何だ?
菫
…さぁ、何でしょう?www
菫
(ヤンキーって自覚あったんだ…)
__________________________________________________
菫
(その後、私達は無事につくしさんに怒られましたとさ)
一星
一星
びしょ濡れで帰ってきたんだから当たり前だろ
菫
そりゃそうですよね…(笑)