無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

怪盗のいたずら。
チョロ松
スマホのキーボード。
さっきのアルファベットを打つのと同じように、ひらがなキーボードで打って。
トド松
うん…えーと…
めいたんていまつのたち。
おれとあそばないか?
おれをおいかけてみるんだな。

ひんと⬇
でぱーとのさいじょうかいがぶたいとなるだろう。
チョロ松
これを漢字に直すと、
名探偵松野達。
俺と遊ばないか?
俺を追いかけてみるんだな。

ヒント⬇
デパートの最上階が舞台となるだろう。
チョロ松
だってさ。行く?
トド松
行くしかないでしょうが…
チョロ松
そりゃそーだよねw
じゃ、おそ松兄さん迎えて行きますかっ!
トド松
てかどーやってケーキにいれたんだろ…
こわ…
チョロ松
簡単な方法だよ。
トド松
簡単?
チョロ松
そーそ。
ケーキを買う時にもう気づいてたけど…
トド松
チョロ松
ケーキのショーウィンドウのとこ。
あっちの後ろで店員さんは箱詰めするでしょ?
トド松
あぁうんうん。
チョロ松
あっちは人が外から手の届く位置にある。
チョロ松
でも箱詰めする時は店員がやるからケーキに触ったりなんか出来ないだろ?
トド松
そーだね。
チョロ松
ここである細工を使う。
使わなくてもできる作業だけど…
トド松
というのは?
チョロ松
店員の気をそらす作業だよ。
トド松
はぁ…?
チョロ松
怪しいヤツが立ってた場所、つまりケーキを箱詰めしてるところの外側。
客が来れる場所。
チョロ松
そこには監視カメラがあるんだ。
トド松
へぇ、よく見てたね。
チョロ松
犯人並みの観察力だろ()
そこでだ。防犯カメラを動かして反抗を移さなくする、ということプラス、店員の気をそらす、という作業が必要。
チョロ松
だから。監視カメラに紐を掛けて、それを監視カメラと同じ位置にある窓枠のフックにもかける。
その紐を窓枠に沿って下ろして手元に持ってこれば、違和感なく監視カメラに細工ができる。
この細工をどうやってやったかはまぁいいや。
トド松
いいんだ
チョロ松
店員が僕の買ったケーキを箱詰めする時に、その紐を引っ張ったら、監視カメラが今向いている所と反対にむくように動かせる。
トド松
はぁはぁ
チョロ松
それで犯行を映さないで済む。
ま、あとはその後に、ショーウィンドウの内側の方にものを落として、店員にとってもらってる間に入れておけばいいんだろうな。
チョロ松
って考察したっていうか見てた。
トド松
見てたんだね!?あ、着いたよ、ここにおそ松兄さんいるはずだけど…
to be continued
にゃお(作者)
にゃお(作者)
よく考えたら松野家に挑戦状的なの送るだけでこんなに細工つかわねぇよ…()