無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

最上階へ((行ってないけど
チョロ松
ちょっとの足止めにしかならない脱出ゲームを作ってくるね…
おそ松
だなーw
トド松
二人とも怖いよ…
あなた

ゲホッ…ゴホッ……おそま、つ!チョロ松!トッティ!

チョロ松
あなた!?
大丈夫?走ってきたの?
あなた

うん、…ハァ…ハァ…よし、大丈夫!

チョロ松
心配かけるなぁ…
大丈夫?キツくない?
あなた

ありがと、もう大丈夫!
あ!一松を連れてきたよ!ってだけ!
ほらあっちでゆっくりゆっくり歩いてきてる。

チョロ松
ほ、ほんとだ…
あなた

私十四松とカラ松の情報管理の資料手伝うから帰るね!

おそ松
ほーい!
トド松
あ、じゃあ僕も一緒に行くよ~!
女の子1人で帰らせるのもあれだし。
情報管理手伝わないとだし!
おそ松
おっけい
チョロ松
じゃ、それぞれ担当にもどった、ってことだね。
おそ松
そーだな!
チョロ松
ま、まず一松をまとうか…
のそ、のそ…
一松
ちーっす…
チョロ松
随分とのそのそ来たねぇ…よしよし()
一松
ゴロゴロ…ってなんで撫でんの…
チョロ松
なんとなく…
一松
そ…ゴロゴロ…
おそ松
お兄ちゃん兄弟が仲いいのはすごくいいと思うけど早く最上階いこうか?
それかお兄ちゃんを仲間に入れて?
寂しさで心臓キュってなるから
チョロ松
あ、じゃあ最上階いこっか。
一松
そーだね…
おそ松
酷くない!?
to be continued