2018/07/18 14:05
連載中

目が覚めたら文豪がいた。

目が覚めたら文豪がいた。
  • 恋愛
  • 夢小説
私は普通な女子高生、、、
に、見せかけてとてつもない文ストヲタです。
文ストなら基本なんでも知ってると言えるほどのね。
いつもは隠してます。浮きたくないんで。
あ、ちなみに推しは双黒です(((
いつも通りに通学路を歩いていたら急に意識が飛びました。
そして、目が覚めれば見慣れた医務室にいて、、

チャプター

全4話
第4話
よろしくの話をする前にやらかしました。
第3話
設定
第2話
目が覚めたら文豪がいた
第1話
作者から
樹輝

樹輝

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る