無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

CHAPTER2お茶会に隠された罠
アンが目の前で殺された。
ガラテア
これは…毒なのか?
イドーラ
私たちにバレることなく毒を飲ませるなんて不可能よ!
ハスター
しかし…証拠と言ってもそばに落ちている食器やアンが飲んでいたカップやクッキーくらいか…うむ…分からぬ。
アントニオ
なんで…アンさんが…
マリー
茶会など開かなければアンは死ななかったのかもしれない…私のせいね…
美智子
マリーはんのせいじゃ…
マリー
私が行けないのよ!
そういうとマリーどこかへ行ってしまった。
ヴィオレッタ
追いかけましょう!
謝必安
彼女は気にしているのですよ。
ジョセフ
何が?
ジャック
全く乙女心わかってませんね〜貴族様〜
ジョセフ
元だけどな!殺人紳士!
范無咎
乙女ではなく女心じゃないか?
ベイン
どっちだっていいだろ…
レオ
証拠を探さなくては…疑いたくはないがこの中にアンを殺した黒がいることは間違いないのだからな。
ロビー
ねえ?見てこれ?【何かの瓶】だよ!
そこには謎の【空の瓶が落ちていた】。
ガラテア
こんなものどこで?
イドーラ
これは毒の一種ですね!
ハスター
そのようだな…【人の子には毒】である。
アントニオ
しかし…なぜそのようなことが?
ハスター
【死んでいるものに限る】がな…
美智子
そうなんか?
イドーラ
ええ…珍しいもので【死者払いなどに効く】の
ヴィオレッタ
そんなものがあるなんて知らなかった…
ジャック
いや意外とあるものですよ…闇市では何かとね!
范無咎
流石殺人紳士!
謝必安
それで弄るのやめなさい!
ジョセフ
闇市ではそんなものも売っているのか…
ベイン
ここは…荘園だぞ?そんなものあるのか?
レオ
でも【死んでいる俺はどうなるんだ?効かなかった】ぞ!
ハスター
それには訳があるのだ。
ロビー
訳?
ハスター
死に方である。
ガラテア
死に方?
イドーラ
死因のものよ。【人に殺された時のみ作用】する
アントニオ
そうなったら確かにレオは焼け死んだしマリーとロビーは首だし謝必安と范無咎は雨関係だし【アンは事故だが殺された】気がする。
美智子
そうだとしてアンさんはなぜ死んでしもうたん?
アントニオ
アンは疫病を患ってしまい見た目が怖がられて処刑しろまで言われたらしい。たまたまかもしれんが木の十字架だったか?アンの体を貫き死んでしまったとか…アンは言っていたぞ。
レオ
それが正しいとしても殺されてのなら【マリーだって効くはずだ】ぞ。処刑されたとは言え【殺されたのは同じ】だからな。
ベイン
なら今回はお茶会を開こうと言い出したマリーなのか?
ガラテア
調べなければなんとも言えない。
美智子
うちはマリーはんを信じたいどす。探しに行きます。
アントニオ
ならついて行きますよ!
ジョセフ
意外だな。あんたは振り回されて飽き飽きしてたんじゃないのか?
アントニオ
全くですよ。しかし…女王の期限を直すのも私の役目ですから…こういう時音楽が一番リラックスできるのですよ。
アントニオは美智子を連れてマリーの元へ行き残りのメンバーで証拠を集めることになった。
ハンター人数19人中14人

ルキノ→見せしめで死亡

バルク→串刺しにされ死亡

ボンボン→モノクマに逆らい死亡

ジョーカー→おしおきにより死亡

アン→毒物により死亡