無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

CHAPTER2お茶会に隠された罠
マリー
私のせいなのかしら…
隅で疼くなっていた時マリーの影となにかの影が重なり暗くなった。
マリー
えっ…何誰?
アントニオ
誰とはなんですか?せっかく来てあげたのに…女王様…
マリー
貴方…アントニオ…どうしたの…なんでここに…
アントニオ
それなら簡単ですよ。私は哀れな女王様を見に来たんですよ。
美智子
こら!アントニオさん!マリーはんになんて事を!
マリー
いいよの…私は…
アントニオ
なんてね。本当は慰めに来たのですよ。困るんですよ。いつも自由奔放で健気で人を振り回すのが好きなのに楽しそうな貴方が悲しそうにしているとこちらの気も困るのですよ。早く元気になってもらわないと私が困りますから…それに貴方に振り回されるのは嫌いでは無いので…ですから私の音楽でも気分転換出来たらときたのですよ。
美智子
アントニオはん…マリーはん!うちもそうやでマリーはんには元気でいて欲しいんや!
マリー
マリー…アントニオ…そうよね…私は女王ですもの!さあ!アントニオ!あなたの音楽を聞かせて!
アントニオ
わかりました。女王様!
アントニオの音楽を聴いて元気になったマリーはアントニオのことを掴むとハンターたちの所へと向かった。
マリー
ありがとう!マリー!美智子!元気になったわ!
美智子
良かったや!
アントニオ
良かったです。これで…えっ…なんで掴んでるんですか?
マリー
おかげで元気になったわ!なら!みんなの元へ行きましょう!
美智子
そうやんね!
アントニオ
ちょっと待ってください!えっちょっと…ああああぁぁぁ!引っ張らないでください!
マリー
よし!行くわよ!
その頃ハンターたちは…
ヴィオレッタ
大丈夫かしら…
謝必安
きっと大丈夫ですよ…
范無咎
見ろ!帰ってきたぞ!
ジャック
しかし…なにやら引き摺ってないですか?
ジョセフ
そうだな…あれは…アントニオじゃないか?
レオ
引きずられているな…
ガラテア
機嫌が治ってよかったんじゃないか…
アントニオ
良くないですよ!
美智子
かっこよかったやんね!アントニオはん!
アントニオ
も〜最悪ですよ…
マリー
アントニオ…
アントニオ
なんですか?
マリー
ありがとうね…嬉しかったわ!
美智子
マリーはんが笑った!
アントニオ
…どういたしまして…女王…いや…マリー…
ロビー
照れてる〜
アントニオ
照れてません!ででは…アンさんの事件を解決しましょう!
イドーラ
逃げたのね…
ベイン
逃げたな…
ハスター
逃げたのである…
こうして再び調べることになった。