無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

最初の犠牲
巻き込まれた次の日
レオ
例のモノクマは普段は現れることは無いんだな…
ジョセフ
僕達を見て嘲笑っているのさ…あのクマは…その証拠に僕達は何故かハンターとしての力を使えないんだ…
ジャック
確かに…これでは何も出来ませんしね…
美智子
ってことはうちらは何も出来へんってことやんね…
范無咎
そういえばこの館は乗っ取られてから少し場所が変わったぞ!
ベイン
前まではなかったのに一階には俺たちの部屋と別室で広間が増えたことくらいだがな…
謝必安
そうですね…なぜなのかは分かりませんが…范無咎たちとその中を見たんですけどそこには武器が多くありました…まるで私たちに使えと言っているようでもありましたし…
アントニオ
そうなのか?
ヴィオレッタ
本当よ!
ガラテア
一緒に見ていた時モノクマが現れてそれを使えといいまた消えたのだ。
アン
そうなんですか…
マリー
そういえば何人か見てないけどどちらかしら?
ハスター
ロビーならイドーラと一緒にルキノのそばにいてバルクとボンボンは知らないが…
マリー
そうあり
その時ボンボンが走ってきた。
ヴィオレッタ
どうしたのボンボンちゃん?
ボンボン
大変…大変…バルクが…バルクが…動かない…ボンボン…探して…見つけた…バルクを…助けて…
それを聞いてハンターたちは急いで駆けつけた。途中でロビーたちと合流して広間に行くと…そこには槍で串刺しにされて死んでいるバルクの姿があった。
アン
バッバルクさん!
マリー
そんな…
モノクマ
ピンポンパンポーン!え〜死体が発見されました〜一定時間の後学級裁判を開きます〜!
イドーラ
死んでるの…
ロビー
酷いよ〜!誰がこんな…
レオ
ルキノの他に被害者が…
ジョセフ
本当に始まった…
范無咎
誰だ!バルクを殺したの!でてこいよ!
謝必安
出てくるわけないですよ…バルクさん…そんな…
ボンボン
バルク…バルク…起きて…起きて…死んだなんて嘘…嘘…嘘…嘘…嘘…
モノクマ
あ〜あ〜やっぱりロボットには少し難しいかな〜君の主人は死んだんだよ〜?
ボンボン
違う…死んでない…死んでない…死んでない…死んでない…死んでない…お前のせいだ…せいだ…返せ…バルク…返せ…返せ…返せ…返せ…返せ…
モノクマ
あ〜もう!鬱陶しいな〜そんなポンコツにはこうしちゃえ!
美智子
ダメよ!ボンボン!
モノクマ
もう遅いよ〜ルキノの時に学習しないポンコツの気味が悪い!ってことで校則違反でさようなら〜!
モノクマがそう言うとボンボンの地面から針が出てきて串刺しなされて壊れてしまった。
ボンボン
バル…ク……
モノクマ
あ〜もう〜使えないんだから〜は〜いゴミは捨てないとね〜!
そう言うと天井からボンボン事潰しボンボンは跡形もなくなった。
ジョーカー
ボンボン…
ベイン
酷い…
モノクマ
みんなもこうされたくなかったら頑張ってね〜それじゃぁ〜学級裁判まで待ってるよ〜!
そう言うとモノクマはいなくなってしまった。

NEXT→CHAPTER1発明は記す

ハンター人数19人中16人

ルキノ→見せしめにされ死亡

バルク→串刺しにされ死亡

ボンボン→モノクマに逆らい死亡