無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

CHAPTER1発明は記す
バルグの遺体を調べるにしても力が使えないと不便だった。
ジョセフ
調べるにしてもどう調べようか…
ジャック
それなら私にお任せ下さい。殺人紳士ゆえ死因の他にもわかることがあると思うので!褒めて下さい!
ジョーカー
よっ天才!
范無咎
流石〜
ロビー
凄〜い!
そういった4人にツッコミを入れてジャックとジョーカーだけ必安が殴った。
謝必安
そういう問題ではありません!
ジャック
痛いですよ必安さん!
ジョーカー
なんで俺とジャックだけ?
謝必安
それは范無咎は相棒ですしロビーは子供ですから。
ジャック
理不尽!
ジョーカー
理不尽!
二人は殴られたところを抑えて言った。
ベイン
ふざけるのもそれぐらいにしとけ…
ハスター
にしても何かわかるのかイドーラ?
イドーラ
そうですね…確かにガラテアの指摘もそうですがこの【死因となった串刺しのやつはバルクのハンターの時自身のもの】で殺されています。
アン
それはおかしくないですか?だってハンターの力は使えないって…
ヴィオレッタ
確かにそうだけどあれは…力と言うよりも…【発明】何がする…
ガラテア
確かに唯一まともなおじいちゃんだったし…ボンボンも作るしあれ【機械だけら使える】かもしれない…
レオ
それにしても疑問が増える…だとしてもあれはバルグが得意なんだろう?俺たちが殺そうとしてとしても返り討ちに会うのが自然じゃないのか?
ジョセフ
確かにそうだ…なぜバルクは死んでしまったんだろうか?ジジイには分からん!
范無咎
考えることを放棄するなクソジジイ!
ジョセフ
黙ってろクソガキ!
謝必安
お二人共落ち着いてください。范無咎!年長者にそのような言い方は行けません!
范無咎
悪かった…
ジャック
全く大人気ないですね〜お二人共〜!
ジャックが呆れたようにそう言うと范無咎とジョセフは怒って言った。
ジョセフ
お前にだけには言われてくない!
范無咎
お前だけには言われたくない!
ロビー
いい加減にしてよ!もういいよ!イドーラに見てもらうから!3人はどっか行ってて!
ロビーに三人は追い出されてしまった。
ロビー
続きをしようよ!
レオ
……そうだな。
ベイン
この中の誰よりもロビーが大人だったりしてな…
そうベインが言うとみなが頷いた。  

一方マリー達は
アントニオ
だから引っ張んないでください〜
マリー
このくらい平気よ〜行きましょう〜
美智子
そうやな〜
アントニオを引っ張り回してマリー達は走り回っていた。
アントニオ
(このふたりは大丈夫なのか…果たしてバルクさんを殺した犯人とかの証拠はわかるのだろうか…というか)いつまで引きずるんです!痛い!もう…あーーー女性怖い〜
マリー
ほらほらいくわよ〜
美智子
そうやね〜
機嫌よく3人は宿舎へ向かっていった。