無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

CHAPTER1発明は記す
ガラテア
まず写真を見せて欲しいモノクマいいか?
モノクマ
はいどうぞ!
ジョセフ
それはジョーカーとバルクの武器?
ガラテア
そうだ…この2人しかネジは使わないがバルクのやつをよく見てくれこれはネジを使うものでは無いがジョーカーの場合ネジで部品をくっつけるためネジが必要なのはジョーカーのものだけなんだ!
ジョーカー
そんなのこじつけだろ!ロビーだって!
ガラテア
ロビーなら殴る必要がない!
レオ
そうか…ロビーは斧だ。殴る必要は無いそれにロビーの場合【殴るのではなく切り刻むからそれらを使う必要が無い】わけか!
ジョーカー
グッ!
イドーラ
ならバルクが残したメガネは【犯人が意図したもの】であるという事ね!
ジョーカー
証拠がないだろ!それにこじつけでふざける
ガラテア
証拠ならある…これだ!
これは何かの暗号だった…
ガラテア
これで全て解決する!
ジョーカー
金庫がない限り!無理
アントニオ
金庫ならありますこれですよ!
ジョーカー
なっ!
ハスター
では開けようとしよう!ジョーカーの悪事をな…
ジョーカー
待っ待て!
そして暗号に書かれた文字はボンボンの名前だっ
た。

そしてそこにあったものはバルクが襲われていた時のものであった。

そしてその映像にはジョーカーがバルクを呼び出しバルクを殺した後抵抗するバルクは力を尽きたがその時殴った為ネジが落ちていたが気づかなかった様子をロビーがとっておりそれを隠したところをジョーカーは気づいてロビーの罪を被せるためにメガネや部屋を細工したが金庫は開かず諦めたところをロビーが確認して閉めたところだった。ギリギリでジョーカーに見つかったあと映像は止まっていた。
ベイン
考えられてことはジョーカーお前が脅したってところか?
ジョーカー
違う!俺は!俺は!犯人はロビーだ!【殺すつもりなんてない】!
ジャック
今殺すつもりは無いってことは殺したってことですよね?
ジョーカー
なっ!えっとえっと…
モノクマ
どうやら議論の結果が出たようですね。お前ら!お待ちかねの投票タイムと行きますか〜投票の結果黒となるのは誰かその答えは正解なのか〜不正解なのか〜
投票の結果
黒はジョーカーだった。
モノクマ
やっほ〜大正解〜【狂眼のバルク】さんを殺したのは【道化師のジョーカー】さんでした。推理道理彼が殺したんです〜バルクは以前からロビーにジョーカーと揉めていて自分を殺すかもしれないから証拠を撮って欲しいと言っていたのです。
そう言って流されたのは殺す前の映像だった。そこにはお願いするバルクとバルクが死ぬかもしれないので不安そうなロビーだった。そして映像の合間にロビーが写っていてロビーは
ロビー
僕は死んで欲しくないよ…バルクおじいちゃん…
と言っていた。皆がしんみりしている時モノクマが言った。
モノクマ
それではそろそろおしおきに参りましょうか〜黒である道化師のジョーカーさんに会ったおしおきを用意しました〜それでは参りましょ〜おしおきタイム〜!
ジョーカー
待て俺はまだあいつに〜まだ会えてないし伝えてないんだ…クソ…マーガレッターーーーーーーーーーーー
ジョーカーの叫び声と共におしおきが始まった。