無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

CHAPTER1発明は記す
【道化師ジョーカーのおしおき】
〜笑うピエロのマジックショー〜

おしおきが始まるとジョーカーは首輪をつけられて連れていかれた。
ジョーカー
なっ何が始まるんだ?あのクマが持っているのは?おっおれ?
モノクマはジョーカーと似たあやつり人形を使って動かすとその通りに動いた。

マジックショーでジョーカーの入っている箱から脱出するもので時間内に出ないとチェンソーで切断されるものだった。
ジョーカー
おつ俺はピッピエロだ!こんなの操られたってやってやる!
そして箱に入れられてジョーカーは必死に探すも出口がない。
ジョーカー
どっどういうことだ!なっなんでないんだ!
モノクマ
それでは参りましょ!脱出マジックショー!
ジョーカー
急がないと…待っ待ってくれ!
カチカチ…と音がなりチェンソーの音が聞こえてきた。
ジョーカー
急がないと…まずい!
モノクマ
それでは参りましょか〜!
ジョーカー
くっクソ!体が言う通りに聞かない!まずい…やめろやめ…
そのとき何とか避けて外した。
ジョーカー
よっよかった…
モノクマ
それでは参りましょ!2回目のチャレンジです!
そう言ってモノクマがやるも外しジョーカーは最後の1回になった時下に隙間があることに気づいた。そしてそこに飛び降りると体を固定されて動けず目の前にチェンソーを持ったモノクマが走ってきた。
ジョーカー
これで助か…えっ…うっウア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
ジョーカーはチェンソーで切断された。そしてモニターには【マジックショー失敗!】と表示されてジョーカーの笑ってない表情は血で笑っているように見えた。
モノクマ
エクストリーム〜アドレナリンが染み渡る〜
イドーラ
なんなのでしょうか…
ヴィオレッタ
わっ笑えないわ…
ロビー
うっ気持ち悪い…
モノクマ
それじゃ〜新しい階をオープンします〜それじゃまた頑張ってね〜ハンター達の殺し合いをさ〜
ハスター
舐めているな…
范無咎
ちっ!腐ってやがる!
ハンター人数19人中15人

ルキノ→見せしめで死亡

バルク→串刺しにされて死亡

ボンボン→モノクマに壊され死亡

ジョーカー→おしおきで死亡