無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

大貴…意識不明
あれから…3日も過ぎたのに大貴が目覚めない
伊野尾慧
伊野尾慧
大貴ッ…(泣)起きてよ…ッ…(泣)
髙木-雄也
髙木-雄也
伊野ちゃん…ナデナデ
八乙女-光
八乙女-光
俺らが何も…できなくてごめんね…伊野ちゃん
薮-宏太
薮-宏太
大貴に場所教えて…突っ走って行ったから…何も言えなかった俺達の責任でもあるよ

だから伊野ちゃん泣かないで?
伊野尾慧
伊野尾慧
大貴…ッ…(泣)
薮-宏太
薮-宏太
伊野ちゃんが泣いてたら大貴が悲しむよ?

俺のせいだって。

二人が離れたあの時もそうだった。

俺達見てたからお前が消えて大貴が一人で抱え込んでたの
伊野尾慧
伊野尾慧
え…?(泣)
伊野尾慧
伊野尾慧
その話聞かせてッ…(泣)
薮-宏太
薮-宏太
わかった…

長くなるぞ
伊野尾慧
伊野尾慧
ぅんッ…(泣)
未だ大貴は機会に繋がれたまま眠っている

伊野ちゃん頑張れ←作者

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いのあり愛ing
いのあり愛ing
今後も投稿していく活動はしますので暖かく見守っていただけると幸いです。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る