無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

episode 3




入学早々保健室探してる私って…そう呆れながらも
貰ったパンフを頼りに廊下を進んでいく。













やっぱり名門ってだけあって、校舎は広くて。
1年生の棟だってA棟B棟と分けられている。



















うずくまりながら歩くのって割と目立つから、通りすがる人に見られて恥ずかしい。でもそれどころじゃない……痛い。


パンフ通りならば保健室はこの辺なんだけど、、
そう思い辺りを見回すと、保健室と書かれたプレートが挟まっているのが見えた。

(あそこだ……)














___ガラガラ

そう音を立てて戸を開ける。



(え……誰もいない、? )

保健室の先生も入学早々保健室来るなんて思ってもみないだろうし……しょうがないか、。

もともと最初から少し休ませてもらうだけにしようと思っていたところだった、、だから丁度いいと言えば丁度いい。







(勝手にベッド使っていいのかな……)

躊躇しながらもベッドの周りのカーテンをそっと開ける。




____シャー…





















えっ ……


























next ____ episode 4