無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

episode 4






誰もいないはず……そう思っていたのに、

そこには、















男の子が寝ていた___










心臓が掴まれたようにドクッて鳴るのが分かる。
すぐ閉めればいいものの、それが出来なくて……










寝顔、、すごく綺麗、、

いわゆる美形男子、と言うやつかもしれない。







(美人さん……凄いまつ毛が…鼻が……)



見れば見るほど彼は彫刻で掘ったかのように綺麗で繊細で、、。












私は吸い込まれるように彼を見つめ続けた。






















next ____ episode 5